旬の人
2017/06/08

生産者の小山さん直伝・毎日手軽に食べたい かがやケールの【新着】夏レシピ

1158 view
クリップ

ケールに夢中になったお客さまのために、かがやケール生産者・小山さんとスタッフのみなさんから、これからの季節にぴったりなケールレシピを教えていただきました!
ぜひ、おためしくださいね!


 

①かがやケール&クレソンのしらすサラダ

小山さんちの定番メニュー。
お子さんたちもモリモリ食べてくれて、その様子を眺めるのがパパ冥利に尽きるひと皿です。

材料(2-3人分)

  • かがやケール 1袋(70g)
  • クレソン 30~40g
  • 釜揚げしらす 40g
  • ごま油 大さじ1 1/2
  • 塩 適量

<作り方>

  1. ケールとクレソンは洗って水気を拭き、食べやすい大きさに切る。
  2. 釜揚げしらす、ごま油を合わせてざっくり混ぜ、塩で味をととのえる。

 

②かがやケールdeタコライス

レタスがわりにケールを使えば、夏のパワーチャージにぴったり。ランチにおすすめです。

材料(2人分)

  • かがやケール(細切り) 1袋(70g)
  • 玉ねぎ(1cmの角切り)  1個
  • パプリカ(1cmの角切り) 赤・黄各1個
  • トマト(1cmの角切り)  大1個
  • シュレッドチーズ 1袋
  • 鶏ひき肉 200g
  • コンソメ(顆粒) 小さじ1/2
  • カレー粉 大さじ1と1/2
  • ケチャップ 大さじ5
  • ウスターソース 大さじ4
  • 塩こしょう 適量
  • ごはん 茶碗2杯分
  • 半熟目玉焼き 2つ

<作り方>

  1. フライパンを中火にかけ、油をひいて玉ねぎ、パプリカを炒める。しんなりしてきたら鶏ひき肉を合わせてさらに炒める。
  2. ひき肉の色が変わったら、コンソメ、カレー粉、塩こしょうを加えて炒める。
  3. ケチャップ、ウスターソースを入れてさらに炒める。
  4. ごはんの上にかがやケールをのせ、4.のトマト、チーズ、目玉焼きをのせる。

 

③かがやケールたっぷり ひんやりポタージュ

料理スキルの高い男性スタッフが考案。
かがやケールのマイルドな味わいが引き立つ、優しい味わいのポタージュです。

材料(2-3人分)

  • かがやケール(刻んでおく) 1袋(70g)
  • 玉ねぎ(みじん切り) 小1玉
  • にんにく(みじんぎり) 1かけ
  • コンソメ顆粒 小さじ1
  • 牛乳 または生クリーム 300cc
  • バター 15g
  • 水 150g
  • 塩 適量
  • (お好みで)オリーブオイル 適量
  • (お好みで)ケールチップス 適量 ※

<作り方>

  1. 鍋を弱火であたためバターを溶かし、にんにく、玉ねぎを入れ、焦がさないよう玉ねぎが透き通るまで炒める。
  2. ケールを合わせ、しんなりするまでさらに炒める。
  3. 水を入れて沸騰させ、コンソメを入れて10分煮て火を止める。
  4. ミキサーに3.と牛乳を合わせなめらかにする。
  5. 塩で味をととのえ、冷やしていただく。
    お好みでオリーブオイルを垂らしたり、ケールチップスを散らす。

※ケールチップス 材料(作りやすい量)

  • かがやケール(葉を分ける) 1袋(70g)
  • オリーブオイル 適量
  • 塩こしょう 適量

<作り方>

  1. 洗ってしっかり水気を拭き取ったケールをジッパー付きの保存袋に入れ、オリーブオイルと塩をふって密閉し、表面全体によくなじむように振り、混ぜる。
  2. フライパンを中火で熱して1.を拡げ、パリッとするまで焼く。

 


 

こわごわ食べてみて、ビックリ!

「こんなにおいしいとは。ケール、こわごわ頼んでみました。クセがなく、しっかりとした食感で、チーズ・アーモンドとの相性バツグン。また買います」

「ケール、きっとちょっとは苦いんだろうなぁ…と思っていたのですが、全くクセがなく感動でした。ドレッシングも本当によくあっていて、非常においしかったです」

「ふだんは生の葉物野菜は食べない子どもがばくばく食べている。また頼みたい」

「レタスがわりに生でパクパクしてます(笑)茎も苦味がなく、こんなに食べやすいのに栄養価が高いのだったら、もっと早く注文すればよかった」

というお声が毎日のように届く、「かがやケール」。

2017年3月。
小山さんたちの作る「かがやケール」は多くのお客さまの「おいしい!」の声を集め、農家オブ・ザ・イヤーの銀賞に「かがやき」ました。

 

 

そんなかがやケールが「発見」されたのは、今から3年近く前、7月の暑い日のことでした。

Oisixの青果バイヤーKは「とにかく、美しかった」と、とても感動したのを今でも覚えているそうです。
「王道の、ごわごわのケールっぽくはなく、生野菜っぽいことに驚いた。そして、とっても食べやすい!」

 

レタスの研究者が、ケールと出逢って

「この苗を上手に作ってあげることが、おいしいケールを作るうちの半分くらいを占めている」と、小山さんは双葉が出たばかりの小さな苗を慈しみます。

健康で、食感よくおいしいケールを育てるために大事なことは、日々こまかく苗の様子をチェックして、光、水分など、ケールが今必要としているものを見極めることだとか。

そんな小山さん。大学は農学部で、レタスの水耕栽培を研究していました。

「とにかく食べることが好きで、食べものに関わる仕事がしたかったんです。植物学の専攻だったけど、森林は食べられないし、花も食べられない。
 食べれるもの何かなと思ったら、野菜だったんです」

レタスなら100個中90個は揃って発芽するのが、ケールではなかなか揃わず、生育も安定しないため、その栽培ははるかに難しかったそう。

農家オブ・ザ・イヤーの授賞式で、ファンのお客さまから手渡しでいただいた直筆のお手紙は、毎日スタッフが通る作業場の入り口に掲げられています。

「納得できるものが出荷できるまで8年もかかったので、今こうしてたくさんお声をいただいていることが嬉しい。逆に、まだ8年しか農業やっていないので、日々作ってると、もっとこうしたらいいんじゃないか、もっとおいしくできるんじゃないかと考えているところは多々あります。
今のケールをよりおいしくすることと、安定して出荷数が増やせるように考えていきたいですね。
野菜の種類も増やしていって、たくさんのお客さまに喜んでいただければと思っています」

「栽培のスタッフたちもケールには並々ならぬ愛着をもっていて、今日は苗が活き活きしているね、このグループは育ちがゆっくりな気がするよ、なんて気にして報告してくれる。
全員が自分たちの作っている野菜に対するプライドを持っていて、それが多くの方に喜んでいただけている品質につながっているのかな、と思うと嬉しいですね」

 

「おいしく食べてキレイをサポート かがやケール」はこちらからお求めいただけます>
※好評につき、売り切れの際はご容赦ください

 


 

伝えたい声は、生産者さんの想い VOiCEバックナンバーはこちらから>

 


Oisixのご利用がはじめての方はこちら>>
大人気Oisix野菜やKitOisixがたっぷり入ったセットをご用意しました。まずは、おためしください!

 

3人のメンバーがいいね!と言ってます
3件の「いいね!」がありました。
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください