料理のハウツー
2017/06/22

【梅しごと】ジッパーつき袋でお手軽! 梅干し作りにチャレンジ

3048 view
クリップ

今年こそ! おうちで梅干しづくりに挑戦!

ジッパー付き袋を使用して、意外に簡単に作れますよ。
仕込み時間は30分です。仕込み後6週間程度で出来上がります。

<材料>作りやすい量

  • 手もぎ梅(青梅-黄熟梅) 1kg
  • にがり塩 150g
  • ジッパー付きビニール袋 1枚
  • もみ紫蘇 300g
  • 天日干し用ネット(もしくはざる)
  • ガラス密閉瓶2L 1瓶
  • 空きペットボトル(2L)×2本(もしくは500mL×4本)

<作り方>

  1. 梅が青ければ室内の直射日光が当たらない場所で、袋から出し、1-7日ほど置く。
    黄色くなり梅の良い香りがしてきたら追熟完了です。
    ※追熟しすぎるとシワになったり潰れ、破れるので注意
     
  2. 梅を流水で一つひとつやさしく洗う。(少々の傷は気にしなくても大丈夫)
    洗い終わったら、傷がつかないようそっとざるなどで水気を切り、ペーパーで水滴が残らないようていねいに拭き取る。
    竹串などを使って梅のヘタをとり除く。



    ジッパーつきの袋に梅と塩を入れ、空気を抜きながらジッパーを閉じて密封する。袋の上から梅を平らに広げ、液もれしないようにビニール袋で二重に包む。
    冷暗所で袋を平らに広げ、上から水を詰めたペットボトルを梅全体に負荷がかかるように載せて、1-2週間保存する。



    梅酢がしみ出て、梅が充分に浸るようになるまで1日1回は梅と塩をなじませるようにする。
     
  3. 2.にもみ紫蘇を加えて混ぜ、さらに2-3週間つける(2日に一回は全体をなじませるようにする)。


     
  4. 晴天が続きそうな日を選び、袋から梅と紫蘇をとり出して乾燥ネットやざるの上に互いがくっつかないよう広げ置く。
    風通しのいいところで丸3日間、乾燥させる。



    袋の中の梅酢は消毒した保存瓶に入れ、密封して一緒に天日干しする。
     
  5. 干しあがった梅は消毒した瓶に保存しましょう。



    梅酢、梅、紫蘇をそれぞれ別にしても、梅酢の入った保存瓶に梅と紫蘇を戻しても◎。

※天日干しした紫蘇は包丁で刻めば、赤しそふりかけにしてお楽しみいただけます
※梅酢を戻して一緒に保存すると、次第にまろやかに変化する味わいをお楽しみいただけます
※梅酢は、塩や酢の代わりにドレッシングや酢の物に使ってもおいしいですよ


アンケートにご協力をお願いします「野菜・フルーツのセット販売について」>>

 

 


今週の 旬の野菜とフルーツ>>

 


Oisixのご利用がはじめての方はこちら>>
大人気Oisix野菜やKitOisixがたっぷり入ったセットをご用意しました。まずは、おためしください!

 

4人のメンバーがいいね!と言ってます
4件の「いいね!」がありました。
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください