旬のコラム
2017/08/03

【南仏の食卓から】南仏ならではの野菜・ズッキーニ

881 view
クリップ

ズッキーニはニースの夏を代表する野菜

ライター/松嶋まち子

南仏の夏を代表する野菜で、ズッキーニも忘れてはいけませんね。
ニースでよく見かけるさまざまなズッキーニと、おいしい食べ方をご紹介します。

 

 

スペイン産のズッキーニは定番料理に

ズッキーニはウリ科の野菜です。町では、緑色で直径3センチほどで長さが20センチくらいのスペイン産ズッキーニをよく見かけます。
わが家では、ラタトゥイユやキッシュを作る時によく使います。

キッシュは、ズッキーニを適当な厚さに切り、スライスしオリーブオイルでよく炒め、塩こしょうで味をととのえます。
よく冷ましてから、炒めたことによって出た水分を切るのがポイント。

もうひとつよく作るのが、ズッキーニのパスタ。
ズッキーニをほぼ1本分すりおろしておき、フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、みじん切りのニンニク、続けてすりおろしたズッキーニを入れて、塩こしょうで味をととのえ全体的に火が通るくらいに炒めて、茹で上がったパスタに絡めていただきます。
オリーブオイル、ニンニクとズッキーニの相性は抜群!このパスタがわが家では大ヒットで、このお料理のおかげでズッキーニが苦手だった娘も今では大好物になりました。

 

 

ズッキーニトロンペット(courgette trompette)

ズッキーニトロンペットは、黄緑色をしていて小ぶりのものもあれば、ひょろひょろ長くて面白い形をしているものもあります。

先端にズッキーニの花が付いたものも(お花は単独で売られていることもあります)。黄緑色の変わった形と、黄色い花のコントラストが絶妙なこのズッキーニは、お花を含めて生でも食べられます。

わが家ではズッキーニトロンペットを薄切りにし、サラダのトッピングとして使ったり、リゾットの具に使います。
さらに、ズッキーニトロンペットのお花の部分を使って作る、南仏の代表的な家庭料理・ズッキーニの花のフライもよく作ります。しかし、上手にカリッと揚げることができず…。まだまだ修行が必要なようです。揚げたてに塩の花をパラパラとかけていただきます。

 

 

丸い形をしたズッキーニ、ズッキーニ・ロン(courgette ronde)

コロンとした形がとってもチャーミングで、ニースでも人気のあるズッキーニのひとつ。緑色と黄色いものがあり、マルシェでもその存在感は目を引きます。

ニースの家庭料理にファルシ(トマトやズッキーニの中身をくり抜いて、中にひき肉の詰め物をしてオーブンで焼く料理)というのがあるのですが、この丸いズッキーニを使って作ることが多いです。
詰め物の中身はご家庭によってさまざまで、肉も牛・豚・羊のいずれかのひき肉とみじん切りにしたエシャロットを混ぜて捏ね、ハーブ類や塩こしょうで味をととのえたものを詰め、170度に温めたオーブンで15分から20分焼きます。

熱々はズッキーニもほどよく柔らかくなって、中身のお肉もジューシーでおいしいです。
丸い形のズッキーニのかわいらしさも手伝って、ホームパーティーにも大活躍のお料理です。

レストランではズッキーニを使ったお料理もさまざま。
暑さもまだまだこれから。夏バテ防止には旬の野菜を食べて体力をつけるのが一番です。

 

 
ライター/松嶋まち子(まつしま・まちこ)
ニース在住14年、一人娘の母。JAL客室乗務員15年勤務を経て、夫・松嶋啓介氏とレストランを開くために渡仏。 現在ニースに3店舗あるレストランの経理業務をこなしつつ、週3回海岸沿いのランニングに励む日々。
URL:http://keisukematsushima.tokyo/
URL:http://www.keisukematsushima.com/
URL:http://www.lecoledenice.com/

 


Oisixのご利用がはじめての方はこちら>>
大人気Oisix野菜やKitOisixがたっぷり入ったセットをご用意しました。まずは、おためしください!

 

1人のメンバーがいいね!と言ってます
1件の「いいね!」がありました。
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください