旬のコラム
2017/04/20

【オール熊本べんとう】あれから一年かぁ。と思いつつ、 いつもと変わらぬお弁当。

1677 view
クリップ

天草出身で熊本市内在住のフリーライター、木下 真弓さんが家族のために日々作るおべんとう。

蓋を開ければ、色彩豊かな熊本の食の恵み100%。
「県民としての手前味噌ですが…わざわざ県外産を使わなくても、かなりバラエティあふれる弁当になるのが熊本のすごいところです」

震災後の今、県内各地の食材がこうして手に入ることのありがたさをよりいっそう強く感じている木下さんの、おべんとう日記をご紹介します。

 


【20170406】

  • 天草のわさもん玄米ごはんに、河浦の青のりをトッピング
  • 天草産タチウオを唐揚げに
  • たまごやき
  • 益城のキウイを白和えに
  • 山都町の「歌瀬キャンプ場」の自家栽培原木椎茸を「削りぶしのやまいち」の牛深産「鯖薄けずり」と「いわし薄削り」、熊本「東肥」の赤酒と、宇城「松合食品」の「天然醸造丸大豆しょうゆ」で甘辛く炊いたもの
  • 焼き野菜のピクルス(大矢野のエリンギ、栖本のプチトマト、松島のスナップエンドウ、大矢野のズッキーニ、宇城のレンコン)
  • 山都町のイチゴ

ハクモクレンの木に青葉が芽吹き始めました。
先週小指の爪くらいの大きさだった梅の実も
すくすくと。
しめしめ、また今年も食料が育っておる(笑)

あぁ、春だ。なんてことを思いつつ
天気予報をチラ見する。

週末はお花見の予定だけれど、
どうやら雨模様。
悔しいから気分だけ、お花見気分のお弁当。

春休みもあと数日。
プチ仕出し屋ももうちょっとで終わります。
新学期が始まったら、ちゃんと事務所で仕事しよう。

<きょうのあまくさンソルト>

「ソルト・ファーム」の「釜炊き塩」
(タチウオ唐揚げの下味付けに使用)

http://saltfarm.jp/

「天草塩の道」の「釜炊き塩」
(焼き野菜のピクルスのピクルス液に使用)

<きょうのその他の食材・調味料>

「削りぶしのやまいち」の「さば薄けずり」と「いわし薄けずり」

https://www.net-yamaichi.com/

「東肥」の「料理用赤酒」

http://www.akazake.com/

「松合食品」の「天然醸造丸大豆しょうゆ」

 

 


【20170407】

  • あるもんでキンパ
    (「通宝海苔」の「すしのはね」(キズ海苔)、益城町の「坂本製油」の「純ごま油」、「天草海の道」の「熟成釜炊き塩」、りんどうポークのひき肉を松島町の「ちゃんぽん大王」のオーナーお手製の万能ダレで味つけたもの、たまごやき、山都町のホウレンソウ、小国町の道の駅の沢庵、和水町の白ゴマ、山都町の唐辛子麹)
  • 天草産のキビナゴをプス焼きに
  • 有明のワラビのピクルス
  • 佐伊津町の紅芯大根と芦北町のサラたまちゃんの甘酢漬け
  • 山都町の菜の花の辛子和え
  • 甲佐町のアイコトマト
  • 苓北町の天草晩柑

昨日、すっかり桜だと思い込んでしまった
わが家の春の花。
葉っぱの形が違うなぁと思っていたら、
「海棠桜(はなかいどう)」というのですって。

たとえそっくりさんとわかっても、
会えればうれしい。
桜の威力ってばものすごい。

ということで、
お花見気分のお弁当第2弾。
数年前のレシピ取材で、
韓国料理屋のお母さんに教わったキンパを
ひさしぶりに作ってみました。

有明海の海苔にごま油をひと塗り。
あまくさンソルトをパラっとすれば、
なんちゃって韓国風海苔の出来上がり。
ピリッと辛い韓国風タレには、
唐辛子麹を代用してみたりして。
あるもんでやる、の脱力感で続けられるのが
わが家のおべんとさん。

今日も熊本の春が満載です。

コーヒー飲んだらお仕事お仕事♪

<今日のあまくさンソルト>

「天草塩の道」の「熟成釜炊き塩」

<今日のその他の食材・加工品>

通宝海苔

http://www.tuhonori.co.jp/

坂本製油の純ごま油

http://sakamotoseiyu.jp/

ちゃんぽん大王

今日使わせていただいた万能ダレは非売品ですが、天草大王の鶏ガラスープのちゃんぽんや担々麺がとても美味!

http://toukon03720321.wixsite.com/noguti

 


【20170410】

  • 天草の黒大豆、赤大豆、青大豆、白大豆と阿蘇のミルキークイーン玄米のごはん
  • 肥後のうまか赤鶏を合志の生姜と「東肥」の「赤酒」と「松合食品」の「丸大豆醤油」で生姜焼きに
  • ゆでたまご
  • 七城のチンゲンサイのおひたし
  • 天草のバターナッツカボチャと小国の白ネギと熊本県産セロリのピクルス
  • 阿蘇のイチゴ

新学期。
案の定、寝坊した小学生の
バタバタに巻き込まれ
完全にペースを乱された朝ですが。

コーヒー淹れてリセットしよう。

 


【20170411】

  • 鹿央の赤米入り玄米ごはん×梅干し
  • 五和の「山田牧場」の六白黒豚肩ロース肉を、有明のシイタケと小国のネギと合わせてすき焼き風に
  • 河浦の青のり入りたまごやき
  • 天草のアサリを高森「山村酒造」の「れいざん」(熱燗の残り)で酒蒸しに
  • 熊本産ミツバのおひたし
  • 天草のタケノコを「天草塩の会」のにがりでアク抜きし、牛深の鯖節と自家製干し椎茸の出汁で炊いたん
  • 熊本産プチトマト

そういえば。な今日のおべんとさん。

 

すき焼き風とアサリの酒蒸しもだが、
にがりでアク抜きしたタケノコの煮物が
なかなか良かった。

米ぬかでアク抜きすると、
タケノコの内側にぬかが詰まって面倒だわ!
って思っていたのだけれど、
いやなぜ今までやらなかったのか。

にがり、超便利!!

 

 


【20170411】

  • 鹿央の赤米入り、天草のわさもん玄米ごはん
  • 天草のハンタ(ブダイ)を「瑞鷹」の「菜々」の酒粕と「自然食品研究会」の天日塩「はやさき」で作った塩酒粕で漬け込んで焼いたもの
  • ゆでたまご
  • 新和のツワブキをキンピラに
  • 五和のニンジンの味噌あえ
  • ホウレンソウを坂本製油の純ごま油と「天草塩の会」の釜焚き塩でナムルに
  • 小国の紫キャベツの甘酢漬け
  • 栖本のプチトマト
  • 天草のイチゴの白あえ

わけあって今日はもう一個、おべんとさん。

プチトマトが新しいと
葉っぱがピーンとカールしてかわいいのだ。

 

 

 


【20170412】

  • 五和の「だるま放牧豚」の肩ロース肉をポークチャップにして天草のわさもん玄米と丼風に
  • 芦北のサラたまちゃん、大矢野のピーマンのグリル
  • 五和のカンナちゃんのたまごの目玉焼き
  • 焼き野菜のピクルス
  • 栖本のプチトマト

春休みも終わったからとゆっくりしていたら
中学生の給食は金曜からですと!
あわてまくってフライパン1つで作った
ちゃちゃっと丼。

彩りがいまいち(苦笑)

給食ってありがたい。。。

 


【20170413】

  • 阿蘇の高菜の新漬け×阿蘇のミルキークイーン2分つきごはん
  • 五和の「だるま放牧豚」のひき肉を、「まこと屋」の厚揚げと「ボングー」のパン粉でかさまししたハンバーグ
  • 天草のカブを天草大王のガラと、大江の海でつくられた「天草塩の会」の青ラベル「小さな海 天日塩」で煮たもの
  • 半熟ゆでたまご
  • 倉岳のタラの芽を、倉岳の海水で作られた「天草塩の道(河丁)」の「熟成釜焚き塩」を加えた米粉でカリッとフリッターに
  • 熊本県産の京にんじんと河浦のパプリカ、合志のキュウリのピクルス
  • 栖本のプチトマト
  • 天草のイチゴ

「春陽食堂」でのミーティングの帰り道、
Haruhi Aitou さんにお裾分けしてもらった
「高菜の新漬け」を早速、今日のお弁当に。

こちらは、阿蘇・内牧のとある家庭で作られた
自家製のお漬物。

一昨年の水害と、
昨年の地震で相次いで被害に遭われ
それでもしっかり高菜を植えつけて、
いつもと同じように高菜折りをし、
この新漬けを作られたと聞きました。

これはあくまでも、
とある家庭の出来事なのだけど。

程度や中身は違いこそすれ、
さまざまな痛みや不安を抱えた人たちの
こうしたちいさな歩みのひとつひとつが
熊本の復興の礎であり、象徴でもあるようで。
大切にいただきたいと思った朝でした。

  *****

ということで、思いがけず新高菜で高菜めし。

古漬けの酸味も好きだけど、
今だけの若く青い味わいと、
シャキッとした食感がたまらない!

天草大王のガラと
「天草塩の会」の「小さな海 天日塩」で
コトコトと煮込んだだけのカブが
これまたうまいのだなぁ。

<今日のあまくさンソルト>

「天草塩の会」の青ラベル「小さな海 天日塩」

http://www.geocities.co.jp/NatureLand/3918/amakusasio.html

「天草塩の道(河丁)」の「熟成釜焚き塩」

 

 


【20170414】

  • 菊池の堤さんの白米
  • 天草の太刀魚を、熊本市「東肥」の赤酒と宇城市「松合食品」の「九州産丸大豆醤油」と、芦北町「ばらん家」の黒砂糖で蒲焼に
  • 河浦の「春雷(つぼみ菜)」を益城町「坂本製油」の「純ごま油」と、牛深「塩工房宝島」の「天草灘の海の塩」で炒めたもの
  • 五和「カンナちゃんの卵」のゆでたまご
  • 有明町のミズナを、「削り節のやまいち」の牛深のサバとアジとウルメイワシのミックスけずり粉でとった出汁と「松合食品」の「九州産丸大豆醤油」でおひたしに
  • 芦北町の「すずめ」の尾崎さんが作った「生姜のべっこう漬」
  • 栖本のプチトマト
  • 春野菜のジャーサラダ(高森町の在来種「みさを大豆」のピクルスと小国のササゲのピクルス、河浦のパプリカ、芦北のサラたまちゃんのピクルス、横島町のイチゴ、河浦のリーフレタス、山都のスナップエンドウ)

あれから一年かぁ。と思いつつ、
いつもと変わらぬお弁当。
毎日、熊本の生産者さんたちがつくる
おいしい食材をおいしくいただくことが、
私なりの復興応援であり、
かけがえのない家族の日常。

  *****

本日は、太刀魚の蒲焼に春雷を添えて。
すっかり春ね、の丼弁当。
「T-1グランプリ」で漬物日本一に輝いた
尾崎さんの「生姜のべっこう漬」もON。
これがまた完全なる
めし&酒泥棒なのです。
冬は体が冷えるので控えていたけれど、
ひさしぶりのたっぷり生野菜。
豆のピクルスがなかなか使える。
天草の若手作家、岡部さんの
たい焼き風箸置きがお気に入り。

<今日のあまくさンソルト>

牛深「塩工房宝島」の天草灘の海の塩

<今日のその他の食材・加工品>

芦北「すずめ」の「生姜のべっこう漬」

https://suzume0052.jimdo.com/

(次回は5/4更新予定です)

食べて応援! 熊本のおいしいもの>

 
ライター/木下真弓(きのした・まゆみ)
熊本県天草市育ち、熊本市在住のエディター&ライター。地域景観コーディネーター。くまもと手しごと研究所キュレーター。3児の母。ふるさとの美しい自然や伝統、食文化を子どもたちの世代に伝え継ぐことを目標に日々、模索中。趣味は、県産食材を使ったお弁当づくりとヨガ、キャンプなど。
くまもと手しごと研究所http://kumamototeshigoto-labo.jp/

 


Oisixのご利用がはじめての方はこちら>>
大人気Oisix野菜やKitOisixがたっぷり入ったセットをご用意しました。まずは、おためしください!

 

この記事のタグ
1人のメンバーがいいね!と言ってます
1件の「いいね!」がありました。
現在コメントはありません。