旬のコラム
2018/01/11

【南仏の食卓から】国境の町 イタリア・ヴァンチミリアのマルシェ

781 view
クリップ

国境を超えて、マルシェへ

ニースから車で30分、フランスとイタリアとの国境の町・ヴァンチミリア。
ここには大きなマルシェがあり、毎月、レストランの食材の仕入れに同行して訪れています。

国境を超えると近隣国のモナコやフランスよりも物価が安い、という事を皆さんご存知のようで、週末はわざわざ買い物に来る人でいっぱい。

マルシェは食材が新鮮でおまけに安いし、フランスでは見かけない珍しい野菜や果物、イタリアならではの食材のパスタやチーズのお店もあるので、興味のある人はきっと楽しいはず。
屋内のマルシェなので、天気が悪い日も気軽に行けます。

この時期、イタリアならではの野菜と言えば、アーティチョーク(カルチョーフォ・Carciofo)、葉っぱ付きのブロッコリ(ブロッコレッティ・broccoletti)、プンタレッラ(Puntarella)。

レシピも豊富な人気野菜、アーティチョーク

アーティチョークはこんなふうに山積みで売られていて、すぐに食べられるように皮をむいて調理しやすい状態で売っているお店もあります。食べられる部分はつぼみの部分ですが、棘があるため下処理の時に気を付けなければならないので、すぐに調理したい場合はこういう状態で売っているのは嬉しいですね。

家庭では、つぼみの部分を茹でてお魚やお肉の付け合わせにしたり、リゾットの具に使ったり、オリーブオイルとにんにくのみじん切りで炒めてパスタの具にしたりとレシピも豊富。ニース料理のファルシ(野菜にひき肉を詰めたもの)でいただいてもおいしいです。この時期にアーティチョークをオリーブオイル漬けにして、瓶で保存しているお宅もあります。

ブロコレッティは、菜の花をイメージしていただければわかりやすいと思います。さっと茹でてサラダにしたり、オリーブオイルとにんにくで炒めて付け合わせにしたり、パスタの具としてもよく使います。
お浸しにして、ゴマで和えていただいてもおいしいです。

果物では、シチリアミカンが旬。
山積みされているものの中から、葉っぱ付きのものを選びます。シチリアの太陽の恵みを受けて、甘くておいしいです。

 

チーズやパン、パスタもマルシェで手に入ります

マルシェにはチーズ屋さんも。イタリアの代表的なチーズ、パルメザン、モッツアレラ、ブラータを始め、いろいろな種類・熟成年数のチーズが並んでいます。とくにパルメザンは熟成年数で値段も違い、味も奥深くなるので、食べ比べできるのがチーズ好きには嬉しいですね。

パン屋さんでは、パン生地にオリーブオイルを混ぜて練りこんだフォカッチャが種類も豊富。チーズやトマト、緑のオリーブを埋め込んだフォッカッチャ、そしてピザパンも。

その隣のお菓子屋さんにはシチリア名産の「カノーリ」(小麦粉で焼き上げた生地にリコッタチーズクリームを詰めたもの)が。

パスタ専門のお店もあります。リングイネ、フィットチーネ、ラビオリそしてニョッキなど、フレッシュなものがたくさん並んでいます。バジルを練りこんだ緑色のパスタもあります。

国境のこの町はリグーリア州で、オリーブとオリーブオイルの産地でもあり、山沿いにはオリーブ畑が一面に広がっています。 秋の収穫を終えたオリーブの実と、出来たてのオリーブオイルの瓶詰めが並んでいます。

国境の町ということもあり、買い物客もイタリア人とフランス人が半々ですが、お店の人はたいていイタリア語とフランス語を話すので安心して買い物ができます(英語を話す人も少しいました)。
このマルシェはヴァンチミリアの駅からすぐなので、ご旅行でニース滞在時にも気軽に行けるし、イタリアの食材に興味がある方にはお勧めです。


今週の 旬の野菜とフルーツ>>

 


Oisixのご利用がはじめての方はこちら>>
大人気Oisix野菜やKitOisixがたっぷり入ったセットをご用意しました。まずは、おためしください!

 

1人のメンバーがいいね!と言ってます
1件の「いいね!」がありました。
0件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください